消費者金融に融資の申込み

消費者金融に融資を申し込んで審査に通る条件の一つに「申告は正直にする」ということがあります。
したがってウソの申告をすることはタブーです。
そうしたウソの申告とは、例えば申し込み時には年収を申告しなければいけませんが、その際、額を実際より多くしたりするのです。
また他社から借入があるにもかかわらず、それを偽って、「借入はない」と申告したりします。
はっきり言ってこれは審査のうえでは非常にマイナスになります。
こうした偽りの申告は審査のプロセスでの信用調査ですぐ分かるからです。
つまり信用情報を使って調べれば、消費者金融やクレジットカード、あるいは銀行などのローン残高がすぐ分かるのです。
したがってウソの申告は簡単に見破られるのです。
こうしたことが理由になって審査が通らないこともよくあるのです。